セール情報

【カンペール】割れた靴底の修理方法

 
カンペールオールソール事例
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京都に13店舗、埼玉県に6店舗の靴修理店ウィンリペアです。パンプスやビジネスシューズ、スニーカーなど靴底がすり減った時の修理や中敷き交換、サイズ調整、靴のクリーニングを取り扱っているお店です。履きやすくなったあなただけの靴を心を込めてお直しいたします。

今回はカンペールの靴底が割れてしまった場合の修理方法をご紹介いたします。

靴底が割れて困ってしまうなんて事は、なかなか経験しない事で、いざ自分の履いている靴の靴底が割れてしまうと、あたふたしてしまいます。

今回の記事を読むと、靴底が割れてしまった場合でも慌てずに対処出来るようになりますよ。

また靴底が割れた時に、避けてほしい応急処置について解説しています。

割れた靴底の自己流修理は寿命を縮めるかも

靴底が割れてしまった時にやりがちなのが、接着剤をコンビニなどで購入して、とりあえず接着しようとする事。

この自分で割れた靴底を接着する行為が、実は靴を修理不可能にしてしまう事も。

特に瞬間接着剤のように液体状のものを使った時は、とりあえず靴底が接着剤で固定され、その場はなんとかしのげる事もありますが、接着剤が革の中に浸透して革を硬くしてしまう事があります。

靴底が割れる部分は、大抵歩く時に靴底が一番曲がる部分になります。つまり一番柔軟性の求められる部分なわけですが、一番柔らかさが必要とされる部分を接着剤でカチカチに硬くしてしまう恐れがあるのです。

一度カチカチに硬くなってしまった革を元の状態に戻す事は出来ませんので、瞬間接着剤は使用しないようにしたほうが良いと思います。

特に今回ご紹介するカンペールのようにしっかりした素材で丁寧に作られている靴は、靴底を直しながら良いコンディションで履き続ける事が出来ますので、その場で焦って間違った対処をしないようにしたいものです。

それでは早速カンペールの割れてしまった靴底がどのように修理されるのか見て行きましょう。

カンペール割れた靴底修理前

カンペール靴底修理前

しばらく愛用したカンペールの靴底になります。

かかとの部分と。靴底の中央部分が擦り減って丸いポツポツが無くなってきていますね。

丸ポイントのおかげで、どの程度靴底が磨り減ってきているのか解りやすいので、靴底のメンテナンス時期が把握しやすいのも特徴の一つです。

ちょうど靴底を修理する良いタイミングの減り具合です。

擦り減っているだけで一見なにも問題なさそうな靴底ですが、注意深く靴底を観察してみると。

カンペールの靴底が割れている

靴底の一番曲がる部分が横に割れています。

この割れている部分から雨に日に水が靴内部に染みこんできて、靴底が割れている事に気づく事があります。

この靴底が割れてしまう症状は、髙品質の靴を履いている方ほど遭遇しやすいケースです。

なぜか?

それは靴底の寿命がくるまで、靴を履き続ける事が出来たという事。

品質の良いレザーアッパーを使い、優れた技術で靴が作られているからこそ、靴底が劣化するまで履き続けられたのです。

ヨーロッパの靴作りは、靴底を貼り替えながら自分の足に馴染んだ靴を永く履き続けるという考え方の元に靴が作られています。

その考え方で作られた靴は、定期的に靴クリームでアッパーが手入れされ、良いコンディションの状態であれば、何年も履き続ける事が出来ます。

ヨーロッパの有名なシューズメーカーは、靴底が割れた場合でも、修理して永く愛用出来る品質を保っているからこそ、世界中のお客様に選ばれ続けているのだと思います。

カンペール割れた靴底修理後

カンペール割れた靴底修理後

カンペールのオリジナルソールを取り除き、履き心地の良いスポンジ素材を使用して靴底を貼り替えました。

靴底は、元の靴底と同じようにフラットな形状にしました。

今回採用したスポンジ素材は、歩く時の衝撃吸収、屈曲性がとても優れており、歩く時にストレスがなく気持ち良くお履き頂けます。

歩行時の地面からの衝撃が軽減される事で、その日1日の体の疲れ具合も違ってきます。

硬い靴底が苦手なために今回使ったスポンジ素材を指定して、靴底を貼り替えるお客様もいらっしゃるほど。

履き心地の良いカンペールの靴底を修理する時は、自信を持っておすすめ出来る素材です。

カンペール割れた靴底修理まとめ

靴底が割れるトラブルは、いざ自分の靴がそうなってしまうと、とても慌ててしまいます。

お気に入りのデザインの靴でしたらショックも大きい。

どうして良いか解らない為に、割れた靴底の靴がもう履けないと思い、もう履かなくなる事もあります。

せっかく自分の足に馴染んで、これからもっと愛用出来ると思っていたのに。

でも今回ご紹介した修理方法で靴底を貼り替える事で、まだまだ履き続ける事が出来ます。

革のアッパーもお手入れする程、深みが出てきて益々愛着のもてる靴になってくれる事でしょう。

【カンペール靴底修理期間・料金】

修理期間 2週間から

修理料金 お見積もり

※修理期間は店頭の混雑状況により変わります。

【修理実施店舗】

店名 ウィンリペア花小金井

住所 東京都小平市花小金井1-8-3 いなげや花小金井駅前店2階

電話番号 042-462-9001

営業時間 10時から20時

休憩時間 13時から14時

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
東京都に13店舗、埼玉県に6店舗の靴修理店ウィンリペアです。パンプスやビジネスシューズ、スニーカーなど靴底がすり減った時の修理や中敷き交換、サイズ調整、靴のクリーニングを取り扱っているお店です。履きやすくなったあなただけの靴を心を込めてお直しいたします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 靴修理店ウィンリペアのブログ , 2019 All Rights Reserved.