セール情報
詳しくはこちら

【リーガル】靴底が割れた時の修理

リーガル 靴底の修理

靴底を貼り替える事が出来るリーガルはビジネスマンにおすすめ

ビジネスシューズの定番、リーガル。

一度は履いた事があるお客様も多いのではないでしょうか。

昔ながらの長持ちする靴作りは今も受け継がれており、外回りの多いビジネスマンに愛されております。

特に靴底がラバーのタイプは、アスファルトの路面でも磨り減りにくく、雨で濡れた路面でも滑りにくく安心してお履き頂けます。

靴底が磨り減ってきた場合は、貼り替える事が出来るように作られており、足に馴染んで履きやすくなった靴を履き続ける事が出来ます。

靴底を貼り替える事が出来ない靴を買い換えていくより、最初の初期投資はかかりますが、靴底を貼り替えながら履き続ける事の出来るリーガルは、永く履き続けられる事からトータルコストは靴を買い換えるより安くなります。

上質の革を使用している事から、お手入れすると上品な質感が得られ、足元がきまります。

おすすめの靴リーガルですが、愛着をもって履いていると靴底はどうしても消耗してきます。

今回はリーガルのラバー底が磨り減って割れてきた場合の修理方法をご紹介します。

リーガル靴底割れ修理前

リーガル靴底割れ修理前

靴底が薄くなってきて、薄くなった部分から靴底が割れてしまった状態です。

一見すると直らなそうですが、しっかり修理出来ます。

靴底が割れてしまった場合の修理方法は2通りあります。

靴底全体を貼り替えるオールソール。

靴底の前側半分だけを貼り替えるハーフソール6mm。

今回はかかとがそんなに消耗していないため、ハーフソール6mmを選択します。

リーガル靴底割れ修理後

リーガル靴底割れ修理後

割れた靴底の前側部分を取り除き、新しい靴底に貼り替えました。

グットイヤーウェルテッド製法の靴ですので、靴底は松ヤニの効いた糸で縫って取り付けてあります。

高温多湿の日本の気候では、本底が接着のみで取り付けられている靴は、剥がれ等のトラブルが多いので、靴底がしっかり縫われている製法の靴が、靴底が剥がれ難いため、お仕事で履かれる靴にはおすすめです。

修理実施店舗

店名 ウィンリペア花小金井

住所 東京都小平市花小金井1-8-3 いなげや花小金井駅前店2階

電話番号 042-462-9001

営業時間 10時から20時

休憩時間 13時から14時

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

リーガル靴底割れ修理まとめ

丁寧にしっかり作られているリーガルの靴は、大変長持ちするために靴底が貼り替え出来るように作られております。

そんなリーガルの靴は、靴底に穴が空いたり、靴底が割れてきても安心。

靴底を新しい材料で貼り替える事で見事に復活します。

修理内容 靴底ラバーハーフソール6mm

修理期間 2週間から

修理料金 ¥6000(税抜き)から

※修理時間は店頭の混雑状況により変わります。

※修理金額は使用する材料、靴の状態により変わります。

コメント