ピンヒールかかと修理後

【これで解決】ピンヒールのかかと修理のタイミング

ピンヒールのかかと修理のベストタイミングとは

大人の女性の必須アイテム、ピンヒールの靴。

普段のビジネスの現場から、パーティーまで幅広く使えるアイテムですね。

ここ数年はぺたんこ靴が人気で、ピンヒールタイプの靴を履かれる機会も減ってきているかもしれませんが、やはりビジネスの現場ではピンヒールの靴でお仕事してる方も大勢いらっしゃると思います。

ピンヒールの靴は、履いていて疲れやすい、高さがあるので履きにくい、足がすぐに痛くなるなど、履きこなすのが大変な靴の一つのように思われております。

ですが、そんな悩みは靴のメンテナンスを適切にする事で軽減する事が出来ます。

重要なのは靴の安定感です

ピンヒールの靴が、その他の形の靴と決定的に違うのは、ヒールの細さです。

ヒールが細い為に、太いヒールに比べて靴の安定感が心許ない感じがします。

実際しばらく履いていると、ヒールがグラグラする感じがしてきて歩くのが疲れます。

ヒールがグラグラする原因は、ヒールの先端に取り付けられているトップリフトが斜めに磨り減っている為です。

斜めに磨り減ったトップリフトは、ヒールを地面に対して真っ直ぐに立たせる事が出来なくなり、大抵外側に傾くようになってきます。

この外側の傾きが、歩行時に足が着地してから踏み出すまでの動作の力を上手く伝える事が出来なくなり歩きにくくなる原因です。

また靴が外側に傾く事で、歩行時の体の軸が左右にぶれるようになり、疲れやすくなります。

自動車もタイヤが消耗してきますと、燃費が悪くなりますが、靴の靴底のゴムも安定した疲れにくい歩行の為には、定期的な交換が必要です。

それでは、いつ、どのタイミングでトップリフトを交換すると良いのでしょうか?

ピンヒールのトップリフトの交換のタイミングとは

ピンヒールのトップリフトの交換のタイミングは、履きにくくなってきた感じがする時と、歩く時の音が教えてくれます。

ピンヒールをよく履かれる方は、大多数の方が経験があると思いますが、歩いていてカツカツ音が鳴り出した経験があると思います。

カツカツ音が鳴る原因はトップリフトをヒールに固定する為の金属の芯が表面に出てきた為です。

金属が出てくる時には、ゴムの部分が半分ほど消耗した時ですので、トップリフトを交換するタイミングです。

金属の部分が表面に出ている状態での歩行は、非常に滑りやすく危険ですので、早めにトップリフトの交換をおすすめします。

ピンヒールかかと修理前

ピンヒールかかと修理前

ピンヒールかかと修理前2

ヒールの太さは約1cmほどのスタンダードな形です。

細すぎず、太すぎず丁度良い細さです。

一番使い勝手の良いヒールの形ですね。

使い勝手の良い靴だからこそヒールのゴムを交換して、また快適に履き続けたいですよね。

ピンヒールかかと修理後

ピンヒールかかと修理後

ピンヒールかかと修理後2

磨り減ったゴムを、ヒールに固定していた金属の芯ごと取り外して、新しいトップリフトに交換しました。

当店で取り扱ってるピンヒール用の修理材は、磨り減りに対して強い減りにくい物を使用しております。

ピンヒールのトップリフトは本当に磨り減りやすい為に、当店では少しでも快適な状態で靴を履いて頂きたい思いから、丈夫な物をご用意しております。

トップリフトが交換される事で、ゴムの部分も平らになり、歩行の時に外側にぶれるような履きにくさが解消されます。

お気に入りのピンヒールタイプの靴が快適にお履き頂けるようになります。

修理実施店舗

店名 ウィンリペア神田

住所 東京都千代田区鍛冶町2−11−22

電話番号 03-5296-5377

営業時間 10時から19時

土、日、祝日はお休みを頂いております。

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ピンヒール・トップリフト交換まとめ

ピンヒールのトップリフト交換に要する時間は、5分から。

気になった時にその場ですぐに修理して、快適な状態にするお手伝いをさせて頂きます。

修理内容 トップリフト交換

修理時間 5分から

修理料金 ¥1200(税抜き)から

※修理時間は店頭の混雑状況により変わります。

※修理金額は使用する材料、靴の状態により変わります。

ピンヒールかかと修理後
最新情報をチェックしよう!