フェラガモ靴底・かかと修理事例

【フェラガモ】かかとのゴムが外れてしまった場合の修理

かかとのゴムが外れてしまった場合は修理出来るのか

今回は久しぶりに履こうとした靴のよくあるトラブルとその解決策をご紹介致します。

冠婚葬祭用の靴やお出かけ用の靴は履く回数も少なく靴箱にしまわれていると思います。

年に数回箱を開けて風通しを良くしてカビが発生しないようにしてるし、靴磨きもしっかりしてるから何時でも履けるようにメンテナンスしてる。

必要な時はすぐ履けるはず。

ところが、いざ履こうとしたら思わぬ部分が壊れて履けないという事があります。

それは、かかとの一番下に付いているゴムの劣化です。

かかとのゴムはある程度年数が経ちますと、柔軟性がなくなり硬くなってきます。

そして最終的には、割れてヒールの部分から剥がれ落ちてしまいます。

ヒールの下に付いているゴムは、歩く時に滑らないようにする大切な役割があり、とても大切なパーツです。

ヒールの下のゴムが無くなる事で歩く時に音がうるさくなりますし、かなり滑りやすくなり大変危険です。

では、ヒールの下についていたゴムが無くなってしまった場合は修理出来るのでしょうか?

勿論修理可能です。

しかも短時間で修理する事が出来ます。

それでは早速修理前と修理後を見ていきましょう。

【フェラガモ】革底ラバー補強・かかと修理前

フェラガモ靴底修理前
かかとのゴムが外れて、ヒール本体のプラスチック部分も若干削れています。

若干削れてしまった部分は、グラインダーでフラットに補正してから、新しいトップリフト(かかとのゴム)を取り付けます。

かかと修理の際に、靴底を点検しましたら靴底も消耗してる状態でしたので、ラバーのシートを貼って補強する事にします。

フェラガモの靴底に使用されてるレザーはとても高品質なのですが、アスファルトの路面を歩くとどうしても消耗が激しく薄くなってきます。

そこで、薄くなってしまった靴底の部分に薄いラバーのシートを貼る修理をする事で、それ以上靴底が消耗するのを予防出来、かつ靴底が滑りにくくなります。

靴底が滑りにくくなる事で歩行動作も安定しますので、疲れにくくなりますよ。

【フェラガモ】革底ラバー補強・かかと修理後

フェラガモ靴底修理後

外れて無くなっていた、かかとのゴムが新しく取り付けられ安心して履けるようになりました。

今回交換に使用したかかとの素材は、柔軟性と耐久性と併せ持つヨーロッパ製の素材です。

フェラガモもイタリア製ですので、相性も抜群です。

柔軟性のある素材ですので、履き心地も抜群なんですよ。

靴のかかとのゴムが硬くて履きにくいと悩んでいる場合には、こちらのゴムに交換する事でとても履きやすい靴に生まれかわります。

そして靴底には、定番の横ラインのラバーシートをお貼りしました。

横の溝が、歩く時に靴底を滑り難くします。

また横に刻まれた溝が、靴底の反りを柔らかくする効果があるため、ラバーシートを靴底に貼ったら靴底がかたくなり、履きにくくなる事を防ぎます。

ラバーのシートは薄いのですが、靴底専用に開発されたシートですので、耐久性もばっちりです。

かかと修理と、靴底補強は同時にすることで、靴底が大変長持ちするようになりますので、かかと修理をする際には靴底の補強も検討してみませんか。

修理実施店舗

店名 ウィンリペア多摩センター

住所 東京都多摩市落合1-44丘の上プラザ3階

電話番号 042-339-5045

営業時間 10時から20時

休憩時間14時から15時

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

フェラガモ革底ラバー補強・かかと修理まとめ

フェラガモのスタンダードな黒のパンプスは、冠婚葬祭やお出かけ用に重宝します。

アッパーの革質も最高級ですのでお手入れがしっかりなされていると、とても長い年数コンディションの良い状態でお履き頂けます。

ですが、かかとのゴムの部分だけは年数が経つと、硬く劣化してくる場合があります。

その場合は、かかとのゴムの部分だけ交換する修理が出来、安心して履けるようになります。

修理内容 かかとゴム交換・靴底ラバーシート補強

修理時間 30分から

修理料金 ¥3400(税抜き)から

※修理時間は店頭の混雑状況により変わります。

※修理金額は使用する材料、靴の状態により変わります。

フェラガモ靴底・かかと修理事例
最新情報をチェックしよう!