ア・テストーニかかと修理後

【ア・テストーニ】かかとが斜めに磨り減った場合の修理

【修理出来るのかいつも悩む】平らなな靴底のかかと修理

最近はこれまでクラシックな靴作りをしてきた靴メーカーも、アッパーはドレッシーなデザインで、靴底はスニーカーのような履きやすいデザインを取り入れてお客様の幅広いニーズに応えています。

休日のファッションもスニーカーだとカジュアルすぎてしまう時に、アッパーが革で靴底がスニーカーのようなタイプは大人っぽさが残りファッションのバランスが取りやすく、良い感じでまとまります。

そんな大人ファッションに便利なアイテムですが、履くと消耗するのが、かかとの部分。

どうしてもかかとの後ろが斜めに磨り減ってきてしまいます。

そうすると出てくる悩みは。

普通のビジネスシューズのようなスタンダードな靴底のかかとは磨り減ったら交換出来るのは知っているのだけれど、最近履くようになった平らなスニーカーみたいな靴底は磨り減ったら修理出来るのだろうか?

かかとの部分が磨り減って穴が空いてきたんだ。

そうしたらそこに小石が入るようになってどうにも不便なんだよね。

などなど。

お客様より最近よくご質問を頂きます。

私もこの靴修理に携わっていなかったらきっとフラットな靴底の靴は履けるとこまで履いて買い換えていたと思います。

確かに平らな靴底って修理出来るイメージがわかないですよね。

そこで結論から申し上げますと、修理は可能です。

しかも大抵の場合、当日中に仕上がります。

愛用の靴の修理が当日に仕上がるのでしたらとても便利ですよね。

それではどのように平らな靴底の斜めになった部分が修理されるのか、見て行きましょう。

かかと磨り減り修理前

ア・テストーニかかと修理前

靴底はさほど消耗していないのですが、かかとの部分は磨り減って小さな穴が空いております。

この小さな穴に小石が挟まったりして、歩いていて不快になる時があります。

また、かかとが磨り減ったまま歩くのは、体のバランスを崩し腰痛や肩こりの原因の一つになりますので、靴底を平らな状態に修理するのは体の為にとても良い事です。

かかと磨り減り修理後

ア・テストーニかかと修理後

斜めに磨り減った部分に平らな靴底修理専用の材料を使用して、靴底を新品の時のような平らな状態に戻しました。

靴底に空いていた穴も塞がり、小石なども入らなくなります。

靴底が平らになりますと特に実感するメリットが、

歩きやすくなり、疲れにくくなる事

雨の日に滑りやすかった靴底が、滑りにくくなる事です。

そしてスニーカータイプの靴底は、履き心地が柔らかい靴底ですので、修理に使用した材料も適度に柔らかく柔軟性のある素材を使用しております。

履き心地が修理前と修理後であまり変わらないのは重要なポイントですよね。

修理実施店舗

店名 ウィンリペア多摩センター

住所 東京都多摩市落合1-44丘の上プラザ3階

電話番号 042-339-5045

営業時間 10時から20時

休憩時間14時から15時

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

【ア・テストーニ】かかと磨り減り修理まとめ

修理内容 かかと部分修理

修理時間 30分から

修理料金 ¥2000(税抜)から

※修理時間は店頭の混雑状況により変わります。

※修理金額は使用する材料、靴の状態により変わります。

ア・テストーニかかと修理後
最新情報をチェックしよう!