リーボックつま先修理後

【リーボック】スニーカーのつま先修理

スニーカーのつま先の剥がれは修理出来るのか

痛んだしまった靴でも修理しながらでも履けるようになるなら直して履きたい。

そんな靴はだれしも1足はあると思います。

初めての給料で買った靴、大学の進学祝いでプレゼントされた靴、パートナーから初めてプレゼントされた靴など。

靴に自分の人生の一部が思い出と一緒につまっている場合は絶対に手放す事は出来ません。

そこで我々靴修理をする側もあらゆる選択肢の中から出来る範囲で修理に挑みます。

以前の状態とは違った形になる事もありますが、履き続ける事が出来る状態にもっていきます。

今回は永年履き続けたリーボックのスニーカー修理をご紹介します。

リーボックつま先修理前

リーボックつま先修理前

リーボックつま先修理前2

リーボックのつま先まで捲り上がっているラバーが切れてめくれてきております。

写真ですと解りにくいですが、これまで何度か剥がれを接着修理した跡があります。

という事は接着修理では、また剥がれてくる可能製が高いです。

その為接着での修理は選択肢から外れますので、別の修理方法を模索します。

そこでよくバイカーの方々の履かれるブーツの左足のつま先がシフトチェンジペダルと擦れて穴が空いてしまい、革を当てて修理する方法がありますので、今回はそのつま先革当てスニーカーバージョンで修理を試みます。

革ですのでラバーと比較すると傷が付きやすくいデメリットがありますが、曲面の部分でも接着しやすく剥がれにくいメリットがあります。

リーボックつま先修理後

リーボックつま先修理後

リーボックつま先修理後2

つま先のゴムが付いていた部分の形と同じように革を型どりしたパーツをつま先の部分に貼ります。

型どりしたパーツの外側はアッパーと段差が出ないように剝いてありますので、修理した部分が自然な感じになるようにしました。

自画自賛ですが、けっこう良い感じです。

つま先まで捲り上がっていたゴムの部分はどのようになったのでしょうか?

それがこちら

リーボックつま先修理後3

つま先修理専用の材料で、つま先部分をしっかりした形に補強。

ゴムのつま先までの出し具合を絶妙な位置に調整して、歩いていてつま先の革の部分が地面と擦れないようにしました。

修理実施店舗

店名 ウィンリペア花小金井

住所 東京都小平市花小金井1-8-3 いなげや花小金井駅前店2階

電話番号 042-462-9001

営業時間 10時から20時

休憩時間 13時から14時

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

リーボック・スニーカーつま先修理まとめ

スニーカーのつま先部分の靴底剥がれは、よくあるケースです。

ご自分で接着される方もいらっしゃいますが、抑えが上手く出来ない為に、きちんと接着出来ない事があります。

そんな時は靴修理の専門家にお任せ下さい。 大切なお気に入りのスニーカーをまた履けるようにお手伝い致します。

修理内容 スニーカーつま先革当て修理

修理期間 1日から

修理料金 お見積もり

※修理時間は店頭の混雑状況により変わります。

※修理金額は使用する材料、靴の状態により変わります。

リーボックつま先修理後
最新情報をチェックしよう!