メゾン エウレカ靴底補強

https://www.blog-winrepair.com

MAISON EUREKA(メゾン エウレカ)

【メゾンエウレカ】靴底の補強修理

この記事ではメゾンエウレカのプラットフォームサンダルの靴底を補強して滑りにくくする修理をご紹介します。

お客様
メゾンエウレカの気に入ったデザインの靴を先日購入したのですが、履き始める前に事前にやっておいたほうが良い事ありますか? 大切に履きたいのでアドバイスが欲しいのですが。
スタッフ
メゾンエウレカの靴はお洒落な方々の間で人気のある靴ですね。 靴底がプラットフォームになっている靴は、履き始める前に靴底を補強しておくといいですね。靴底が厚いタイプの靴は、つま先部分が消耗しやすいので事前に補強しておくと安心ですよ。

個性的でありながら細部にまで拘りのあるメゾンエウレカ

メゾンエウレカはドイツ、ベルリンのブランドです。

靴の機能性はしっかりおさえつつ、どこか遊び心があるデザインやカラーリングに惹かれる、これまでになかったデザインの靴がラインナップされています。

今回ご紹介するメゾンエウレカのプラットフォームサンダルも、お洒落な方々の間で人気のデザインの靴です。

デザインにばかり気を惹かれそうになりますが、靴本来の機能性もしっかり抑えられた靴になります。

1つめは

つま先とかかと部分の落差が殆ど無く、フラットシューズに近い形状になっている事です。

フラットシューズに近い形状の為に、長時間履いていても疲れにくいデザインが採用さてております。

デザインを優先させ、お客様に不便を強要するのではなく、デザインの中に快適性を融合させた靴は履かれる方を満足感で満たし、幸せな気分にさせてくれることでしょう。

2つめは

中敷きが剥がれにくい作りになっている事です。

女性の履かれるパンプスなどに敷かれている中敷きは薄い革を単純に接着剤でお貼りしているものが殆どなのですが、素足で履かれたりすると剥がれてきたりして不便を感じる事が多々あります。

その点、メゾンエウレカのプラットホームシューズはあえて手間暇のかかる方法が採用されております。

適度にクッション性のある芯材を中敷き用の革で包み込み、さらに長い期間履き続けても中敷きがよれてこないように、中敷きの外周が縫い込まれております。

素足に近い状態で靴を履かれると中敷きが剥がれたり、よれてきたりする事があるのですが、ここまで丁寧に中敷きが作り込まれているとそんな心配をする事なく、快適に履き続ける事ができますね。

メゾンエウレカのデザイナーの方のユーザー様への気遣いが随所に感じられる素晴らしい靴です。

【メゾンエウレカ】靴底の補強修理前

メゾン エウレカ靴底補強前1

メゾン エウレカ靴底補強前2

靴底には3mm程のラバーソールが使われているデザインです。

明るいベージュ色のブナ材のようなプラットフォームの部分が目を惹くデザインの靴ですが、このような底の厚い靴を履き始める時には注意して欲しいポイントが一つあります。

それは、靴底が厚いタイプの靴全般に共通する事なのですが、歩く時に靴底の返りがない為につま先部分に負担がかかりやすい事。

プラットフォームサンダルの場合は、つま先部分に負担がかかりやすく、靴底に使われている3mm程のラバーソールだけですと、気づいたら木のベース部分まで磨り減ってしまっていたなんて事になる場合もあります。

木のベース部分まで磨り減ってしまいますと、修理しても綺麗に仕上げる事が出来ないので、磨り減ってしまう前に靴底を保護する必要があります。

その方法とは、履き始める前に靴底に薄いラバーのシートをお貼りする事です。

アスファルトの路面でも磨り減り難く、かつ雨の日の濡れた路面でお履き頂いても滑りにくいように作られた靴底専用のラバーシートをお貼りする事で、靴底を磨り減りから保護します。

【メゾンエウレカ】靴底の補強修理後

メゾン エウレカ靴底補強後1

メゾン エウレカ靴底補強後2

元々の靴底の色に合わせてベージュ色のラバーソールをお貼りしました。

ラバーソールの色は靴底のお色に合わせてセレクトし、仕上がりが自然な感じになるように各色取り揃えております。

今回靴底にラバーシートを貼る目的は靴底の保護ですので、2mm程の耐久性に優れた製品をセレクト。

ラバーソールは薄いので、お貼りしても目立たなく自然な感じで仕上がります。

磨り減りやすいつま先部分を保護しつつ、靴底を滑りにくくする事が出来るメリットの大きい修理メニューになります。

滑り止め効果は、ピラミッド柄の凸凹が路面をしっかり捉えるので、滑りにくく安定して歩く事が出来ます。

プラットフォームサンダルのように靴底が厚いタイプの靴は靴底が滑りやすいと、とても歩きにくくなるので、靴底が滑りにくくなるのも嬉しいポイントですね。

今回の記事のように靴底を事前に補強する事で、靴底の磨り減りを気にする事無く、安心してお履き頂けるようになりますので、是非参考にして頂けたらと思います。

【メゾンエウレカ】靴底修理料金と時間

修理料金 ¥2500(税抜)から
修理時間 1時間から

※修理時間は店頭の混雑状況により変わります。

※修理料金は使用する材料、靴の状態により変わります。

【メゾンエウレカ】修理実施店舗

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

店名 ウィンリペア花小金井
住所 東京都小平市花小金井1-8-3 いなげや花小金井駅前店2階
電話番号 0424629001
営業時間 10時から20時

*当分の間花小金井店は営業時間を短縮し、19時までの営業とさせて頂いております。

おすすめ記事一覧

-MAISON EUREKA(メゾン エウレカ)
-

© 2020 【靴修理】ウィンリペア公式ブログ