ニューバランス・アラヴォン修理

https://www.blog-winrepair.com

New Balance(ニューバランス)

【ニューバランス・アラヴォン】劣化して剥がれた靴底修理

この記事ではニューバランス・アラヴォンの靴底が剥がれたり、劣化した時の修理方法をご紹介します。

お客様
営業先を訪問する時はかちっとしたパンプスを履くけど普段は楽なニューバランス・アラヴォンのような靴を履く事が多くなってきたわね。これまではてっきり靴底が駄目になったら買い換えしないといけないと思っていたけど、修理してまた履けるようになるのね、経済的だわ。
これまでは修理の難しかったスニーカータイプの靴底も様々な条件が整い修理出来るようになりました。特にアッパーが革の靴は耐久性がありますので、靴底を貼り替えて愛用し続ける事が出来ます。新品の靴を履きならすまで大変な思いをされる方は靴底を貼り替えながら靴を大切に履き続ける方法もありますよ。
スタッフ

ニューバランス・アラヴォンの靴底は修理する事が出来ます

ニューバランス・アラヴォンのウレタンの靴底は修理出来ないとお考えのお客様が大勢いらっしゃいます。

ですが、最近ではスニーカーやウォーキングシューズの靴底修理に適したスポンジ素材の登場、接着剤の性能向上があり、ニューバランス・アラヴォンの靴底に採用されているようなウレタン素材の靴底も修理出来るようになりました。

よって下記のような事で困っていた方々の悩みを解決する事が出来るようになりました。

こんな方におすすめ

  • 永年愛用してきたニューバランス・アラヴォンの靴底が剥がれてしまった
  • 永年愛用してきたニューバランス・アラヴォンの靴底が割れてしまった
  • ニューバランス・アラヴォンの靴底が大分磨り減ってきたので、修理出来るかどうか知りたい

それでは早速どのように修理が出来るのか見ていきましょう。

ニューバランス・アラヴォン靴底修理前

靴底とアッパーが剥がれてしまった状態でのご来店。

ニューバランス・アラヴォン靴底を剥がした状態

ニューバランス・アラヴォン靴底剥がれ

靴底が剥がれてしまう原因は接着剤が乾いてしまったか、靴底の劣化が進んでいるかのどちらかですので、靴底を点検してみるとやはりウレタンの劣化が進行しておりました。

ニューバランス・アラヴォン靴底劣化

ウレタンの靴底は製造してから数年経過すると劣化が始まり、割れてきたり、靴底がポロポロと崩れてきたりします。下駄箱にしまっておいた靴を久しぶりに履こうとしたら靴底がパックリ割れたりする事もあり、特に普段履かない冠婚葬祭用の靴は履き始める前に注意が必要です。

靴底が劣化している場合の修理は、靴底を新たに作り直す方法になります。元の靴底の形になるべく近いかたちで仕上げられるように靴底を作っていきます。

ウレタンの靴底は軽く、クッション性に優れた特性がありますので、同じような特性を持つスポンジ素材で靴底を作り直します。スポンジ素材は軽く、クッション性があり、劣化しにくいメリットがあります。靴底を貼り替えた後の履き心地はとても良い物に仕上がりますよ。

ニューバランス・アラヴォン靴底修理後

ニューバランス・アラヴォン靴底修理後

スポンジの板を何層か重ね合わせ、元の靴底になるべく近いように靴底を作りました。

ニューバランス・アラヴォン靴底修理後

地面と直接接するアウトソールには、滑りにくさで定評のあるvibram7170を採用してあります。ランダムな靴底の溝が路面をしっかり捉え、滑りにくい快適な歩行をサポート。

アウトソールに滑りにくい素材を使う事で、以前使われていたウレタン底の滑りにくい特徴を引き継ぐ事が出来ます。

靴底を新たに貼り替える時はなるべく以前と同じような履き心地になるように仕上げます。そうする事で修理した後も気持ち良く快適にお履き頂けるようになります。

ニューバランスの靴底修理はこちらも参考にしてください

【New Balanceの修理】M996靴底カスタム

目次1 New Balance M996のソールカスタム2 修理内容まとめ New Balance M996のソールカス ...

続きを見る

ニューバランス・アラヴォン靴底の修理期間・料金

修理期間 2週間から
修理料金 ¥6500(税抜)から

ニューバランス・アラヴォン靴底の修理実施店舗

店名 ウィンリペア花小金井
住所 東京都小平市花小金井1-8-3 いなげや花小金井駅前店2階
電話番号 0424629001
営業時間 10時から13時 14時から20時

当ブログ掲載の修理はウィンリペア全店で承っておりますので、お近くの店舗までお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ニューバランス・アラヴォン靴底修理まとめ

ニューバランス・アラヴォンの靴底は磨り減ってきたり、劣化してきたりした時は靴底を全部交換する修理が出来ます。

足の形に馴染んだアッパーはそのままに、靴底だけ新しくする事でとても履きやすい靴に生まれかわりますよ。

修理期間は何週間かかかりますが、アッパーの状態が良いコンディションでしたら、靴底を貼り替える事でお気に入りのデザインの靴を履き続ける事が出来るようになりますので、靴底が傷みそのままになっている靴で、もう少し履きたい靴がありましたらお気軽にご相談ください。

おすすめ記事一覧

-New Balance(ニューバランス)
-

Copyright© 【靴修理】ウィンリペア公式ブログ , 2020 All Rights Reserved.